デザイン相談活用事例

デザイン相談の成果事例をご紹介します。


マッチング成果事例 CL:クライアント、D:デザイナー
2018年度 2019年度 2020年度

【2018年度】

_guamaral_01(メイン)


飲料とスキンケア製品のトータルブランドのリブランディング
CL:㈱宝島ジャパン(つくば市)
D:㈱トランク(笠間市)



・デザイン規模や期間、ビジネスの体制などをよろず支援CDと共にヒアリングした上で希望のデザイナーとマッチング
・ブランド価値を再構成するため、パッケージデザインを中心にネーミング、ロゴデザイン開発から、WEB、パンフレット等すべての販促ツールの制作までを行い、リブランディング。

画像の説明


基礎化粧品のデザインリニューアル
CL:㈱鈴木ハーブ研究所(東海村)
D:筑波大学芸術系 PLAY RESILIENCE Lab.(つくば市)



・CLの希望により、大学の研究室とマッチング。学生と企業が協働し、約1年間かけてデザインを制作。
・「和モダン」・「ご当地感」・「ハーブサイエンス」のコンセプトに基づき、新しさと親しみやすさを両立したデザインが完成。限定パッケージとして販売。
【2020年度グッドデザイン賞受賞】

画像の説明


畳店のブランディング
CL:㈲高野好見畳店(東海村)
D:ロカブランディング(取手市)



・インテリアや工芸産業分野のプロデュース経験のあるデザイナーをマッチング。
・ブランド力アップのため、会社のビジョンやコンセプトづくりからスタート。ブランドビジュアル写真の撮影から、畳の特性までホームページ制作、パンフレット制作に落とし込む。お店のロゴ、名刺のリニューアルも。

画像の説明


広報資料館の展示空間・運営デザイン
CL:航空自衛隊百里基地(小美玉市)
D:㈱フロッグ(つくば市)



・グラフィックデザインから空間のデザイン・施工まで手掛けられるデザイナーをマッチング。
・自衛隊らしさを演出した撮影スポット、隊員自らの手で時節に応じ展示を入れ替えるシステム、シアタールームの設営など、来館者を飽きさせない展示空間を構築。

画像の説明


機能性ネームプレートの意匠デザイン
CL:㈱アルコ・イーエックス(ひたちなか市)
D:アルテサーノ・デザイン合同会社(日立市)



・県内でプロダクトデザインを専門にするデザイン会社をマッチング。
・本体表面をなだらかな曲面で覆う形状にすることや色彩の提案により、改善前の直線的で無骨な印象、並べて配置することが考慮されていない形状、といった問題点を解決した。

画像の説明


農園のロゴデザイン
CL:海野農園(ひたちなか市)
D:ヴァングラフィックス(水戸市)



・CDが紹介デザイナーと共に干しいもづくりの現場を視察した上で、デザイン範囲を打合せ。
・「和」なイメージの要望があり、元々の家紋を活かしながら、海のイメージを「人」の3文字で表現。
・ロゴは、まずは袋詰め商品のラベルに展開。今後さまざまなツールへの展開を想定。

【2019年度】

画像の説明


ものづくりの専門家によるコンサルティング
CL:株式会社ショウエイ(日立市)
専門家:筑波大学名誉教授(デザイン学博士)蓮見孝氏



・テクノエキスパート登録専門家、デザインセレクションの審査委員長でもある蓮見氏をマッチング。同じくデザインセレクション審査委員・茨城大学の一ノ瀬研究室と連携し支援。
・訪問コンサルティングや茨城大学とのワークショップを重ね、ブランディングのためのコンテンツ整備と方策の具現化をめざす方針を立てた。

無題の添付ファイル 00028


地域活性化プランへのデザイナーの参画
CL:つくば市 
D:山崎かのこ(つくば市)



・地域性をよく把握し、地域でデザイン・アート活動を行い、イベントも実施しているデザイナーを紹介。
・景観イメージイラスト作成のほか、補助金事業を含めた「R8事業」の報告会のチラシデザイン、イラスト作成を行った。

上郷MAP_a2


地域活性化プランへのデザイナーの参画
CL:つくば市 
D:ケーズグラフィック(つくば市)



・つくば市のデザイン事務所で、イラストマップの制作実績もあるデザイナーを紹介。
・デザイナーが地域の人々と様々な資料をあたり、実際に地域を歩き、打合せを重ねてマップを制作。発掘した街の魅力を、バランスよくマッピングし、デザイナー自身が手掛けるイラストも工夫された。

干し芋箱


干し芋を入れてお客様に発送する箱のデザイン
CL:干し芋農家 安賢二(ひたちなか市) 
D:i,D(茨城町)



・現状のメインターゲットは60代~であるため、洗練しつつも安定感、定番感のあるデザインができるデザイナーをマッチング。
・干し芋 1kg~10kg箱をデザイン。天日干し商品の県外流通はあまりないため、それがシンプルに伝わるよう、余計な要素を入れないデザインにした。書と落款で品質の良さを表現。

やす農園ロゴ


干し芋を高級ギフトにするロゴデザイン
CL:安農園(ひたちなか市) 
D:ヒロ・デザイン事務所(水戸市)



・農業系ロゴに強いデザイナーをマッチング。畑とサツマイモ、干し芋を配し、農園の土づくりへのこだわりなど干し芋生産のバックグラウンドを連想させるロゴを作成。
・ロゴタイプにステータスコピーを入れ、ロゴタイプだけでも違いをアピールできるものができた。

HOUKOKU_ページ_1


卓上で楽しめる箱庭「コケ山水」商品パッケージ
CL:大和造園(那珂市) 
D:ナカネデザイン事務所(ひたちなか市)



・短期間で提案や仕様をまとめる技能があるデザイン事務所を紹介。
・高級感を感じさせるパッケージ、他の箱庭型の枯山水との差別化を図るため、一目で印象づくロゴマークの開発、木箱と風呂敷のパッケージ提案をおこなった。併せてポスター、チラシも制作。事業者の想いをキャッチコピーなどにまとめた。

画像の説明


干し芋の贈答用段ボール箱のデザイン
CL:東海村ほしいも生産組合 
D:エスプレッソデザイン(東海村)



・地元東海村に事務所を置き、デザイン相談のマッチング実績も多数あるデザイナーを紹介。
・「贈答品=高級=和モダン」というイメージにとらわれていたが、実際はゆるキャラと親和性が高いかわいらしいデザインを求めていることが判明。箱の他に各種販促ツールも併せて提案し、制作した。

画像の説明


シンプルで記憶に残るロゴデザイン制作
CL:ひらやま農園(常陸太田市) 
D:ふるやまなつみ(土浦市)



・県内で活動し、似顔絵を使った制作実績も多いイラストレーター、デザイナーをマッチング。
・似顔絵のロゴを提案したが、話し合いを経て、「つくってる人もうれしい、食べる人も美味しい」を表現した笑顔の子供と野菜のイラストを配したものに決定。スタッフユニフォームやPOPへと展開。



デザインアドバイス成果事例

画像の説明

画像の説明

横断幕のデザイン
茨城大学 工学部都市システム工学科


・祝賀横断幕のデザイン指導希望。
・情報に優先順位をつけること、レイアウトに規則性を持たせること、色遣いについてなどをアドバイスし、数回にわたってデザイン・レイアウトの添削を行った。

Kitchen QP_after_Y


チラシのデザイン
キッチンQP


・料理教室のチラシのデザイン指導。
・まず、載せるべき情報=ターゲットが必要としている情報についての整理を行った。それからレイアウトのコツや色遣いについてなどを指導し、数回にわたってデザインの添削を行った。

NIPCOM ポスターPDF


展示会用のポスターパネルのデザイン
茨城プレイティング工業株式会社


・ポスターパネルのデザイン指導希望。
・文字のレイアウトや色遣いなどの基本的なデザインルールの指導に加え、地図をより効果的に使うために、①参画企業のナンバリングと対応した番号のマッピング、②主要道路の書き込みをすることを提案した。

【2020年度】

パンフレット
パンフレット


錫を使った新商品開発とブランディング
CL:澤幡製作所(東海村)
D:エスプレッソデザイン(東海村)



【課題】
・鋳造という自社の強味を生かし、錫を使ったBtoCの商品を新規開発したい。
・商品開発とともに、販売戦略まで含めたブランディングをともに推し進めることのできるデザイナーを探している。
【解決】
・デザイナーとともに錫器の生産が盛んな富山県を視察。
・知られざる地元の匠の技術を紹介するとともに、錫食器の新提案を行う。錫の特性を生かし、酒器を開発。八角形のモダンなデザインのタンブラー類、波のシェイプが美しい徳利と猪口のセットを生み出した。

リーフレット
パッケージ


干し芋農園のブランディングに係るデザイン
CL:小池農園(ひたちなか市) 
D:vangraphics〔ヴァングラフィックス〕(水戸市)



【課題】
・近隣に同名の農園が複数あり、差別化を図る必要。
・売上アップのためには高付加価値商品としなければならない。
・農園のロゴマーク、パッケージラベル、商品発送時の同梱チラシ、名刺を制作したい。
【解決】
・同梱チラシは会社案内リーフレットを作る予定だったが、掘れば掘るほど引き出されるクライアントの魅力を、思わず読みたくなるフリーペーパー形式で表現。
・現代的なロゴで若々しさを表現するとともに、阿字ヶ浦の自然が育んだ干し芋であることを想起させるものにした。

リーフレット
リーフレット


一点集中でなく広く資産になるアイテム整備
CL:高安桐工芸(石岡市)
D:GRAPHIC DESIGN OFFICE DIVE(笠間市)



【課題】
・ショールーム兼セレクトショップを新規オープンするにあたり、商品購入者に同封するブランドブックを作りたい。
・自分達が求める雰囲気を表現して頂けるデザイナーの方を紹介してほしい。
【解決】
・「デザイン情報」のページの中から、フィーリングの合致するデザイナーを見つける。
・デザイナーがヒアリングする中、新店舗のロゴマークやウェブサイトもしっかり整えていきたいという要望も伺い、全体の予算にそうよう、ブランドブックをリーフレットに縮小し、ロゴマークやウェブサイト、名刺や看板等を含めて一点集中ではなく広く資産になるようなアイテムを整備する形で予算配分の検討を行った。

表面


アワード事業の募集チラシのデザイン
CL:茨城県技術革新課(水戸市) 
D:メディアクロス水戸(水戸市)



【課題】
・今年度初めて実施するアワード事業の募集チラシのデザインデータ制作、印刷。
・タイトなスケジュールと、予算も限られた中で、打ち合わせ等にも素早く対応いただける広告制作会社を紹介してもらえないか。
【解決】
・制作を進めるうえでのプロセス及び予算について確認し、対応可能なデザイン会社を紹介。
・クライアントの要望通りのスケジュールで募集チラシが完成し、アワードへの応募は26件の実績をあげた。

high&rook_2
high&rook_1


アニメ「ガールズ&パンツァー」グッズのパッケージデザイン
CL:株式会社ハイド&ルーク(大洗町)
D:ニコスタンパ合同会社(水戸市)



【課題】
・大洗の既存商品と、アニメ「ガールズ&パンツァー」とのコラボグッズのプロデュース。パッケージの企画からデザイン、印刷まで一貫して発注できるデザイナーを紹介して欲しい。
・人的余裕がなく、まるごとディレクションしてくれるデザイナーがいい。
【解決】
・CLは大規模テーマパークで見られるような缶入りの商品を考えていたが、予算に添うようコストを抑えつつ、作品のファンに受け入れられる世界観を表現した商品パッケージを提案した。
・初回ロット分の予約数100個は即完売。

SUN PAPAYA


商品群の中でも魅力を伝えるパッケージデザイン
CL:やぎぬま農園(那珂市) 
D:藤代範雄デザイン事務所(行方市)



【課題】
・社内でデザインしたパッケージで販売していた。
・パパイヤという希少な商品ではあるが、店頭の商品群の中で目を引くパッケージにする必要がある。青パパイヤ(サンパパイヤ)を一般的に認知して欲しい。
・茨城県デザインセンターに客観的な立場で相応しいデザイナーを紹介して欲しい。
【解決】
・「那珂パパイヤ」から「サンパパイヤ」に変わるロゴマークが必要。
・親しみやすい、有機的なロゴマークを作成。
・パッケージデザインを統一化し、新しい「サンパパイヤ」のイメージを認知させるデザイン。

画像の説明


コロナ禍に対応した販路拡大チラシのデザイン
CL:有限会社わたなべ製麺所(ひたちなか市)
D:株式会社一石屋(水戸市)



【課題】
・新型コロナの影響で学校給食やイベント、外食産業に向けた販路が縮小。新規開拓を迫られる中、それにふさわしいチラシを作成したい。
・スピード感があり、食品に強いデザイナーを紹介して欲しい。
【解決】
・デザイナー、ひたちなか市産業活性化コーディネーター、IDCがチームとなり、商品とターゲットを明確に絞って、新たに開拓する販路(BtoB、とくに道の駅や観光施設)のバイヤーに訴求効果のあるデザインを模索。
・現在、通販をさらに強化するため、チラシやレターなど同梱物の提案を行っている。

画像の説明


ブドウ農園のパンフレットとギフト用箱のデザイン
CL:山口農園(小美玉市) 
D:有限会社バレン(小美玉市)



【課題】
・直営ブドウ農園のパンフレットとギフト用箱のデザインを希望。
・予算、納期ともに限られているが、よく話を聞いて、提案してくれるデザイナーをマッチングして欲しい。
・新規就農者のため、親身になって相談にのってくれるデザイナーが好ましい。
【解決】
・細かくヒアリングし、パンフレットのコンテンツを整理するとともに、仕様や料金等の条件を確認。クライアントの意向に沿ったデザイン業者を提案した。
・ナチュラルテイストで品の良いデザインに仕上げた。



デザインアドバイス成果事例

相談前
画像の説明



相談後
画像の説明

海外バイヤー向け展示会用はっぴのデザイン
県グローバルビジネス支援チーム


・食品だけでなく工芸品も扱うことから、「食」に加え「匠」の文字を追加。
・「IBARAKI EXPORTS」の文字の擦れの意図が不明のため、文字を明瞭化。「IBARAKI」を目立たせる。
・鳥居の上の日の出を大きくし、分かりやすくする。